二世帯住宅で節税

二世帯住宅で相続税を節税することができます。お家をどうしようかお悩みの方はぜひ二世帯住宅で! - 二世帯住宅に潜む節税の秘密

二世帯住宅に潜む節税の秘密

■相続税を節約するなら思い切った方法も考えてみる

両親が高齢になってきて、持家も老朽化してきている、と言うような場合には、思い切って二世帯住宅を建設するか、引越すかという方法を考えてみるのはどうでしょうか。
現在の二世帯住宅は、玄関も別なら家の中も繋がっていないと言うタイプの住宅もありますので、同じ屋根の下に暮らしながら、完全に別々の生活を送る事が出来ます。
建て物は一緒ですから、同居している事には変わりないのですが、同居していると言う意識はかなり薄らぐのではないかと思います。

■完全に独立している二世帯住宅は同居扱いになる

以前はこうした完全に独立している二世帯住宅は別居扱いをされていたのですが、2013年に税制改正により、このような完全に独立している二世帯住宅でも親子が住んでいるなら同居の特例が適用されるようになりました。
その為、土地の評価額を8割マイナスする事が出来るようになり、相続する際にも相続税の節約を行う事が出来るのです。
こうした情報は知らないと損をするばかりか、高齢になった両親が心配になってきた頃にはもう手遅れだったと言う事になる事をも防止する効果があります。

■二世帯住宅を建てるなら完全独立型がおすすめ

hgy
上記のような理由から、多くの意味を含めて、二世帯住宅を建てるなら完全独立型の二世帯住宅を建てる事がおすすめです。
日常生活においても、相続をした後も、お互いに気持ち良く過ごす事ができるのではないかと考えます。
相続税が、2015年1月1日から、改正されました。
これによって、今まではよっぽどの資産家以外には、あまり関係のなかった相続税が、私たちの暮らしにも影響を出し始めています。
つまり、多くの人が、今までより多くの相続税を払わなければならなくなってしまったのです。

■2015年の改定後の基礎控除

相続税の基礎控除は、相続税を支払う上でもとても重要なポイントです。
今までは、5000万円×(1000万×法定相続人の人数)だったので、法定相続人の人数が3人だとしたら、合計で8000万円もの控除を受けられていたのです。
相続財産から8000万円を差し引いた金額に相続税がかかるわけですから、大金持ちでなければ、相続税が課税される財産はそんなになかったはずです。
しかし、2015年1月1日以降の基礎控除は、3000万円×(600万×法定相続人の人数)と大幅に減額されているのです。半額近くですよね。
同じ法定相続人の人数3人で考えてみると、合計で、4800万円になってしまいました。
これは、大きな違いですよね。この改正によって、多くの人が相続税の支払い義務を課せられ、また、納税に苦しむ人も居るかもしれません。

■だからこそ、生前の相続税対策を!

相続税の基礎控除が大幅に減額され、相続税対象者が増えている今だからこそ、生前の相続税対策は重要になってきます。
後に残された人たちが、相続税の納税に苦しまないためにも、生前贈与を行ったり、生命保険に入ったり、できる相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】対策はしておきましょう。

Copyright(C)2015 二世帯住宅で節税 All Rights Reserved.